スポンサード リンク

プーランジェとは?

消費者は、おしゃれで美味しいパンを求めています。パン職人の技術向上のために色々な資格が設けられています。「パンマイスター」「プーランジェ」「パン製造技能士」などが代表的な例です。パン職人の資格の一つ、プーランジェとはなんでしょう?

 

プーランジェとは、パン職人の資格の一つになっていますが、その名前の元はフランス語でブーランジェさんという姓だそうです。そして、さらに元を辿れば「パン職人」となるのだそうです。

 

美味しくて体に嬉しいパン。自分で作れたら嬉しいと、若い女性や主婦たちがパン教室に通いますが、プーランジェになるには、専門学校に通ったり、通うのが難しければ通信教育で勉強して資格を取ります。趣味のつもりパン教室に通い始めて、パン作りに魅せられてプーランジェになった女性もいます。それほどパン作りは人の心をつかむものがあるのです。

 

プーランジェの資格を取って、好きなパン作りの道で美味しいパンを作りつづけている青年がいます。パンづくりは想像以上に苦労な仕事で、決して楽な仕事ではなかったといいますが、作る苦労以上に、美味しいものをつくる幸せの方が多いといいます。お客様に「美味しかったよ」と言っていただけるそのひと言に苦労が吹き飛ぶといいます。反対に厳しいご意見も、パン職人として成長していくのに必要な事なので、厳しい言葉を言って下さるお客様に心から感謝するそうです。次は喜んでいただけるパンが焼けるように、真剣に考えるそうです。

 

褒めていただいた言葉も、厳しい言葉も、共に大きな原動力となっているという、そのプーランジェさんのお店のパンは、一味も二味も違う美味しいパンとなっています。