スポンサード リンク

パンマイスターとは?

家庭で作る美味しい焼きたてパンに憧れてパン教室に通う女性は多いですが、パン作りの趣味が嵩じて資格を取りたいとか、自分でお店を持ちたいという人もいます。パン作りの資格に関しては、「パンマイスター」「プーランジェ」「パン製造技能士」などがあります。

 

上記のうち、「パンマイスター」というのは、本格的なパンづくりの基礎と知識と技術を身につけたことを証明する資格です。人々のグルメ志向の高まりは、パンの味にもこだわり、「普通に美味しい」では通用しなくなり、パン職人にも高度な技術が要求されるようになりました。

 

子供たちの世界にもそんな変化が反映しているのでしょうか、昔は小さい子に「大きくなったら何になりたいの?」と聞けば必ず何人かは「ケーキ屋さん!」と、元気な声が返ってきたものですが、今は幼稚園の子供たちの世界にもパン熱が高まって「大きくなったらパン屋さん!」という子が増えているとか。ママに美味しいパンを焼いてもらって食べている影響もあるのでしょう。たとえママが自分で焼かなくても、美味しいパン屋さんを探して買ったりしていますから、自然に子供にも伝わります。

 

パン職人なるとかパン屋さんの店をだすのに、パンマイスターの資格は無くてもできます。しかし、美味しいだけでなく、見た目も雰囲気も味わいたいのが消費者です。そんなニーズに応えるには、ただ美味しく焼けるだけでは通用しなくなっています。「パンマイスターの資格」は、出来あがったパンに「箔」という重みと貫録をつけてくれます。